LINEで送る
Pocket

先日工房を見学されいた若いご夫婦が、「銀婚式用のものとか、作ってもらうこともできますか?」と聞いてこられました。

a0001_015103

「はい、もちろんできますよ。」と答えたものの、「銀婚式」っていつのやつだっけ?・・・とちょっと心の中は冷や汗でした。

ご夫婦が帰られた後、すぐに調べてみましたが、銀婚式は結婚25年目の記念日のことですよね。

金婚式は50年目の記念日で、この銀婚式、金婚式をお祝いされる方はやはり多いのではと思います。

調べてみると、銀婚式には「フォークやスプーン、アクセサリーなどの銀製品」を贈ることが望ましいとされているようです。

だから、「銀」 婚式なんですね。

実は、結婚記念日には、1年目からこの「婚式」があることをご存知でしたか?

私ももちろん知らなくて、今回調べて初めてわかったので威張っては言えませんが。

せっかくなので、ご紹介いたします。

 

1年目 紙 婚式 レターセットなどの紙製品を贈ります。
2年目  木 綿式  木綿製品のプレゼントを贈ります。ハンカチやスカーフ、シャツなど。
3年目  皮 婚式  靴やカバンなどの皮革製品を贈ります。
4年目  花・実 婚式  花束を贈ります。花が実を結ぶ、という意味合いがあるようです。
5年目  木 婚式  木製品を贈ります。木の額や、家具なども。
6年目  鉄 婚式  鉄製品を贈ります。鉄のフライパンなど、調理器具を贈ります。
7年目  銅 婚式  銅製品を贈ります。銅のお鍋など。
8年目  ゴム 婚式  ゴム製品を贈ります。
9年目  陶 婚式  お茶碗、盛り鉢など陶器を贈ります。
10年目 錫、アルミニウム 婚式  錫、アルミニウム製のものを贈ります。錫のアクセサリーなど。
11年目 鋼鉄 婚式 鋼鉄のように絆が深くなるよう思いを込めて、鍋や包丁を新しく変える意味があるそうです。
12年目 絹・麻 婚式 絹のスカーフ、麻のシャツなど、身に着けるものを贈ります。
13年目 レース 婚式 レース編みのハンカチなどを贈ります。
14年目 象牙 婚式 象牙製品を贈ります。アクセサリーなど。
15年目 水晶 婚式 水晶のアクセサリーや、水晶を使った時計などを贈ります。
20年目 磁器 婚式 白磁など、輝きのある調理器具を贈ります。
25年目 銀 婚式 フォークやスプーン、アクセサリーなどの銀製品を贈ります。
30年目 真珠 婚式 真珠を贈ります。
35年目 珊瑚 婚式 珊瑚の置物や珊瑚を使った装飾品を贈ります。
40年目 ルビー 婚式 ルビーの指輪など、アクセサリーを。
45年目 サファイア 婚式 サファイアを使った装飾品を贈ります。
50年目 金 婚式 金の装飾品を贈ります。
55年目 エメラルド 婚式 エメラルドの装飾品を贈ります。
60年目 ダイヤモンド  婚式 最高の結婚記念日に、ダイヤモンドの輝きを贈ります。

すごいですよね。

鋼鉄婚式、とか、ゴム婚式、とか、初めて耳にしたものばかりでした。

何より、どこまで贈り物を送らなければならないのか、先の長さにびっくりです。宝の山ができそうですね(苦笑)。

この「~婚式」の習慣は、ドイツで始まったそうでその歴史は古く、最初の銀婚式は1624年に行われたそうです。

(金婚式はもう少し遅く、1860年に始まったと言われています。当時の寿命も関係しているのではないでしょうか。)

日本では、明治27年に明治天皇が初めて「銀婚式」のお祝いをされて、それ以来広く一般にも伝わったようです。

 

こうして考えると、大事なのは、「なに」を贈るかではなく「気持ち」を贈ること、互いを思いやるその心が大切なのではないでしょうか?

そして結婚して25年目ともなる「銀婚式」では、生まれた子供も成長し、そろそろ社会人として独り立ちしているケースも多いので、夫婦同士でというよりは、ご家族の方が両親に感謝の気持ちを表す、「けじめ」のようなものかもしれません。

2015年の「銀婚式のプレゼントランキング トップ5」では、

1、名入りグッズ(お箸やマグカップなど)

ダウンロード

やっぱり、定番の「めおと箸」。名前が入っていると特別感満載ですね。

使うのには気恥ずかしさもあるような気がしますが、根強い人気です。

ただ、気をつけたいのは「縁起」を担ぐ人には要注意のプレゼントだということ。

「箸」を「橋」に例えて「三途の川を渡る橋へのハシ渡し」などと、「あの世」を連想させるため、特に高齢の方には要注意とされているからです。

最近はこんな「縁起」も担ぐことは少なくなりましたが、気には留めたいものです。

2、花束

s-SHI86_akaibara1342_TP_V

こちらも定番ですよね。特別な日には特別な花束を贈りたいものです。

3、ワイン

images

人生で一度は飲みたいワイン、ドンペリ。シャンパンと一緒に笑顔も弾けそうですね。

4、ケーキ

cake-strawberry-piece-eating-food-sweets-pastries (1)

家族みんなで楽しめるケーキは、マストアイテムですね。

最近は、宅配サービスや、デコレーションのサービスで顔やメッセージをケーキの表面にデコレーションしているものもありますから、2倍、3倍の喜びもプラスされるかも・・・。

 

 

そして5番目は旅行券がランクイン。

旅行券はご両親が元気だからこそ、「行ってらっしゃい!」の優しい気持ちが伝わります。

でも、ただ贈り物を送るだけではなく、普段なかなか言えない「ありがとう」の言葉、そして「おめでとう」の言葉を直接言ってあげられるそんな機会になることはもちろん、夫婦で、そして家族で、絆を確かめ合う、感謝し合う、それを「けじめ」として祝うというのは、先人の知恵なのかもしれません。。

でも本当に嬉しくなるような、もらって喜んでもらえるような贈り物を探すのは大変ですね。

そんな時どうしたらいいのでしょうか?

私は、あえて「何が欲しいか?」ということを聞いてみてはどうかと思います。

サプライズもいいですが、実はあまり嬉しくなかった、なんてことは絶対に避けたいことだからです。

花束や、ワインに手紙を添える、家族の写真をフレームに入れて一緒に贈る。

 

ダウンロード (1)そんなことをプラスするだけで、「想い」が形になるのではないでしょうか?

写真などは、側に飾っているだけで、元気をもらえるパワーアイテムだと思います。

思い出に残るものをずっと飾る歓び。

それもまた「銀婚式」という節目にはぴったりの贈り物だと思います。

私が木象嵌を作るとき、こうした「想い」を何より大切にしたいといつも思っています。

s-IMG_1062_02_small

家族で見上げる掛け時計や、家族の思い出の花、家族の絆を繋ぐもの。

s-s-掛け時計 Floral

他にはない、世界にただ一つのオリジナルのプレゼントとして、木象嵌は、きっとご両親に喜んでいただけるものになると思います。

「銀婚式」に、世界にただ一つだけの木のアート、木象嵌の贈り物はいかがですか?

木象嵌は精緻な技の連続で作られて行きます。ご相談、お見積りはいつでもお気軽にご連絡ください!

 

お問い合わせはこちらから

 

投稿者プロフィール

Akio Shimada
1971年生まれ。北海道苫小牧市出身。日本各地で木工修行の後、スウェーデンで北欧の木工技術を学び、2007年日本人として初めて「スウェーデン家具マイスター」の称号を得ました。高い技術を誇る木象嵌と家具の製作をしています。

お問い合わせ→こちら