自転車で走っていて、ふと見つけた「蓮」が満開の池。北海道の恵庭の近くでの景色でした。

pink-lotus-the-pods-lotus-seeds-lotus-elegant-1

北海道は、こんな風にふと訪れた場所で、美しい花々との偶然の出会いがとても多い場所なのです。

ちょうど一年前の今頃、私はこの「蓮」を題材にした木象嵌の製作に没頭していました。

札幌で行われる現代美術の展示会「JRタワー・アートプラネッツ 2015」という作品展に、札幌芸術の森美術館館長より推薦を受けて、作品を出品予定だったのです。

陽光を受け、艶やかに咲く蓮の花。

水面を覆う大きな葉の間から、細い花茎を立ち上げて、凛と咲く大輪の花。

その見事な花と葉が、陽の光に変容する色模様を、何とか自然の木の色で表現できないだろうか。

そんな思いから始めた象嵌作りでしたが、何度も試行錯誤して、やっと出来上がりにこぎつけたのがこの2枚です。

s-IMG_1038_small s-IMG_1040_small

このモチーフは、この後、サイズ違い、デザイン違いで何枚か製作することになり、京都では賞を頂くことにもなりましたが、
原点は、野に咲く「蓮」の生命力への感動でした。

夏を迎える北海道では、こんな風に野に咲く花が一番美しい季節の始まりです。

広大な風景と共に、色とりどりの花が咲き乱れる様子は、旅行で訪れた人はもちろん、住んでいる私でさえ毎年毎年感動を新たにする、本当に素晴らしい景色だと思います。

何と言っても、代表的な花の風景、富良野のラベンダー。

ラベンダー

美瑛の丘も、彩ゆたかな花々が、まるで夢の世界のような美しい景色が広がります。

16789411785_85ca5092e2_z

そして、私が何度でも訪れたい場所、十勝の花畑たち。

北海道ガーデン街道として整備されたここ数年、訪れる人の数もとても増えてきて、季節に合わせていつも満開の花を楽しめる場所です。

1429349033.78217300_0

そして北竜町のひまわりも、素晴らしい景色で大好きな場所の一つです。

6102750260_b3f86cc7b8_z

ここに来ると、ひまわりの迷路につい挑戦してしまいますが、暑い中での楽しみです。(水を持って始めるといいのですが、いつもそんなことを忘れて後悔します。)

穴場を一つご紹介します。

北見市にある鏡池、蛍池の「蓮」です。

こちらは個人の方が所有する池ですが、花が咲く時期に一般にも公開してくれています。

8月上旬に北見近郊に行かれる方は、ぜひお勧めです。

ガイドブックにも載っていない美しい景色は、旅の思い出にもってこいの気がします。

でも、そんな人が作った花畑ではなくても、森の中に、走っている道の端に、たくさんの花々をみることができるのが、北海道の花散策の楽しみかもしれません。

14534158036_fd3b3db5b4_z

夏を迎えた歓びを、精一杯に咲くことで表現しているような野の花は、8月の訪れがピークとなり、その後次第に少なくなっていきます。

秋の花を代表するコスモスも、このころから咲き始めます。

3884469313_cdab94b867_z

 

春から、夏。そして秋へと季節が移ろい、咲く花々もどんどん変わっていき、やがて、北国の長い秋の日が続く頃には、花々はその姿を消してしまいます。

そんな一瞬の自然の美しさを、もっと留めておきたい。

それが、花の象嵌を作る原動力になっているかもしれません。

一枚の絵に、北海道を代表する花を集めた作品。「Flower-花ー」

IMG_0003_02 縺ョ繧ウ繝斐・

富良野での個展の際に、「Leaf-葉ー」「fruit-実ー」という2つの作品と共に、自然の恵みを描いた3部作の一つです。

IMG_3280_02

北海道の花を一枚に込めた作品ですが、もちろんこれには収まりきりません。

そこで、「ボタニカルシリーズ(植物園シリーズ)」と題して、個々の花を象嵌にした作品も作っています。

 

「スズラン」

IMG_1060_02_small

「水芭蕉」

IMG_1062_02_small

「水仙」

IMG_1061_02_small

もっともっと増やしていきたいところなのですが、なかなか実際の作業に入れずに、構想だけどんどんと貯まっている感じです。

もう少し頑張らないと、と思います。

リクエストなどがあると、作りやすいなと思う時があります。

人それぞれ、好きな花は違いますが、花が好きな「想い」は優しさに溢れているような気がします。

そんな方たちと、もっと「花」の象嵌を作っていけたらな、と思うのです。

実はいま、この夏に向けて新しい木象嵌の製作に入ろうとしています。

モチーフは、「夏の花」。

どうしてか、暑い夏を迎える今頃から、暑いさなかに、工房に一人こもって象嵌作業をすることが多いここ数年。

これまでの家具「木象嵌」を仕事のメインにすることにしてまだ2年ですが、こんなにも「仕事」として注文を頂いていることに心からの感謝と喜びを感じます。

そんな思いを、ボリュームのある作品に込めて、また皆さんにお見せしたいと思っています。

またまたがんばらないと。

こんな風に新しく作品を作るとき、そのモチーフについてよくよく観察をしたり、調べたりします。

そして新たな発見もたくさんするのですが、最初にご紹介した「蓮」は、その面白さがとても多い花です。

なによりその「種」が、私はとても面白く感じ、作品の中にも多く入っているのですが、下の写真を見て、象嵌のどこにあるか探してみてください。

lotus-fruit-lotus-seed-plant-flower-tropical

そんなことをしているうちに、きっと本物の「蓮」を見たくなると思います!

lotus-flower-pink-green-leaf-park-pond-summer

北海道の野の花としてはマイナーですが、花の季節の思い出に、ぜひ今年は「蓮」をチェックしてください!

お問い合わせはこちらから

 

 

 

 

投稿者プロフィール

Akio Shimada
Akio Shimada
1971年生まれ。北海道苫小牧市出身。日本各地で木工修行の後、スウェーデンで北欧の木工技術を学び、2007年日本人として初めて「スウェーデン家具マイスター」の称号を得ました。高い技術を誇る木象嵌と家具の製作をしています。

お問い合わせ→こちら

関連記事

  1. マイスターが作る象嵌家具、公開します -その4-

    2016.07.4

    マイスターが作る象嵌家具、公開します -その4-

    打ち合わせも半年を過ぎ、いよいよ最終段階となった、H様のワインセラーとコレクションのための象嵌家具。…

    マイスターが作る象嵌家具、公開します -その4-
  2. 作品が旅立ちました

    2015.10.21

    作品が旅立ちました

    先日、フラノ寶亭留の展示会をご覧になった方が木象嵌をご注文下さいました。行先は香川県です。…

    作品が旅立ちました
  3. 開催中の木象嵌の展示会 inフラノ寶亭留

    2017.07.13

    開催中の木象嵌の展示会 inフラノ寶亭留

    昨年の秋から始まっている1年間のロングラン展示会、「Gracing Furano Ⅱ」ですが、前回に…

    開催中の木象嵌の展示会 inフラノ寶亭留
  4. 黒い森美術館で考えたこと

    2015.09.25

    黒い森美術館で考えたこと

    先週黒い森美術館での展示会を無事終えることができました。森の中の小さな美術館。だれもいな…

    黒い森美術館で考えたこと
  5. 2016.06.22

    築15年。「愛着」を「絵 」にして飾る歓びとは・・・

    家を新築したとき、家族みんながワクワクした思いで引っ越したこと、そんな思い出はありますか?…

    築15年。「愛着」を「絵 」にして飾る歓びとは・・・
  6. 2019年 今年も象嵌yearと呼べるように・・・

    2019.01.28

    2019年 今年も象嵌yearと呼べるように・・・

    2019年も明けてもう1か月が過ぎようとしていますが・・・改めまして、本年もよろしくお願い申し上…

    2019年 今年も象嵌yearと呼べるように・・・
  7. 手作りの時代。|プレゼントは、世界に一つだけのオリジナル

    2016.07.7

    手作りの時代。|プレゼントは、世界に一つだけのオリジナル

    手作りのものが見直されているモノが溢れている今、心から「喜ぶ顔が見たい!」と…

    手作りの時代。|プレゼントは、世界に一つだけのオリジナル
  8. 旅する象嵌 

    2016.05.23

    旅する象嵌 

    沖縄から荷物が一つ、工房に届きました。中を開けてみると、見覚えのある象嵌細工の入った掛け時計…

    旅する象嵌 
  9. 新居に飾る象嵌の花々 ー奈良で始まる日々にー

    2019.05.15

    新居に飾る象嵌の花々 ー奈良で始まる日々にー

    「新居に飾る」象嵌たちが、少し前の季節、ここ当別町から旅立って行きました。 今日はこの四つの象…

    新居に飾る象嵌の花々 ー奈良で始まる日々にー
PAGE TOP