LINEで送る
Pocket

毎年、山形のお客様が送ってくださる、さくらんぼの「佐藤錦」。

IMG_0757

本州を北上してくるフルーツ前線が、そろそろ北海道にも来ることを知らせてくれる、我が家にとっては東北からの大事な便りともいえるこの贈り物。

6月、7月、8月と観光で訪れる方にも、ぜひ北海道の夏のフルーツの美味しさも味わって欲しいなと思うほど、この時期の北海道は美味しいフルーツの出盛り期です。

「いちご」

berry-strawberry-hands-leaves-red-wild-strawberry

6月中旬から7月上旬までが地物の旬。

道内あちこちで「いちご狩り」の看板を目にします。どこでも大人気で、お昼を待たずにクローズしてしまう園がほとんどです。

この時期は道南から道央、そして道北,道東の順に開園していくようなので、行くエリアごとにそれぞれ「いちご狩り」している農家さんを探すのがてっとり早いようです。

このサイトが役に立ちますよ。「道内いちご狩り」

我が家も毎年出かけますが、本当に完熟のいちごは美味しいです!

穴場は、千歳にある「花茶」さん。

レストランも美味しいし、ジェラートも超有名で、イチゴの時期以外もよく行きます。

いちごを食べて、イチゴのジェラートで締める。

3751478399_53728cc301_z

そんなこともしてしまうくらい、おすすめの一軒です。

でも、夏には来れない、と言う方は、冬でもハウスで「いちご摘み」体験なるものをしているところも増えているので、上記サイトでチェックしてくださいね。

「サクランボ」

cherry-green-branch-tree-garden-orchad

北海道は7月中旬が収穫のピークとなります。

この時期は、地物がスーパーなどにも並びますが、やはり「サクランボ狩り」で思い切り食べるというのをお勧めします。

北海道で栽培されているサクランボは、40種類を超えているんです。

寒い気候でも、十分に育つように交配を重ねて改良されてきたものも多く、旬の時期がそれぞれの種類で変わるので、時期と場所で食べるサクランボが変わります。

道央エリアで栽培されている農家さんが多いようですが、まとめサイトはこちらがgood!

「まめ知識 サクランボ」

北海道のサクランボ狩りの特徴は、「時間無制限」にあるようです。思う存分楽しめますね。食べ過ぎには注意ですが。

私のおすすめは、深川、芦別、富良野のサクランボ園です。

道のあちこちでもパック販売していますので、「狩る」時間のない方は、こちらもお試しを!

「メロン」

bsPPP_meronnomoyou

出ました! 北海道のフルーツの王様的存在ですね。

夕張メロンで有名な赤肉タイプ、富良野メロンなどに代表される、緑色の青肉タイプ。

どちらも、ほんっとうに美味しいですが、値段もピンからキリなのがなかなか悩ましいところです。

どうして、こんなに北海道のメロンが注目されるようになったのか。

最も大きな理由は、石炭で名を馳せた夕張で栽培された「夕張メロン」が、それまでになかった「オレンジ色の果肉」と「ずば抜けた糖度」で、一躍「高級メロン」の座に登りつめたからなのです。

a1180_006390

しかし、それまでには、農家さんの試行錯誤の連続と、山間にあって他の作物の産出量では、他の地域にかなわない、という追い詰められた状況が、この「夕張メロン」を育んできた歴史の中でも、とても重要なことなのです。

ちなみに、炭鉱の閉山と、メロンの栽培とは、まったく関係がないことをご存知ですか?

夕張が炭鉱でもてはやされていたその時に、この地域の農家の方たちは全く独自にこのメロンの開発にいそしみ、その結果炭鉱の閉山に伴い夕張市の状況が右肩下がりになっていくなかでもほとんど影響を受けず、逆に「夕張メロン」というブランドメロンを世間に知らしめていくことになったというのは、当時の農家さん達の努力がどれほどだったのかと思います。

305353923_e67ec3a349_z

実は北海道はメロン栽培に適している土地なのです。

日照時間が十分あるうえに、夜は冷え込んで昼夜の寒暖の差が大きいことが大きな理由です。

日中に光合成によって糖分がつくられ、夜は呼吸することでそれを消費しているメロンたちですが、気温が低いと糖の消費が抑えられ、その分メロンの果肉に多く糖分が貯蔵されるのです。

ビニールハウスやトンネル栽培で昼に温度を上げやすくなったことが、この寒冷地という北海道のハンディを克服し、今では大メロン産地の地位を確立しています。

主な産地は道央に集中しています。

夕張、富良野、深川、北竜、浦臼、月形、共和町(ニセコ周辺)、穂別 などが主な産地として有名です。

この近くを車で走ると、あちこちの農家さんが「メロン販売」とか、「直送メロンあります」などの看板を出していて、価格も市価に比べると安いものが売られています。

特に、日持ちのしない赤肉のメロンは、完熟した一番美味しい大玉でも、一つ1000円前後で売られているので、おすすめです。

穴場情報としては、千歳のほど近く、長沼にある「馬追(マオイ)道の駅」で売っているメロンは、激安で美味しいです!

昨年8月に家族で寄ったときには、夕張メロンが一箱に中~大玉4個で2000円でした。

家族4人で毎日メロン三昧できました。

一人で半玉食べても250円なんて信じられないですよね。

24864180_ce6cea52dc_z

ここの道の駅は、農家さんが直営で店を出していて、野菜も豊富で価格も安く、R274を通るときにはぜひ立ち寄ってみてくdさい。

馬追の道の駅はこちら 道の駅マオイの丘公園

さて、北海道のフルーツ(実)と言えば、こんな木象嵌を作ったことがあります。

s-フラノイマージュ実 web

作品名はずばり、「実」。

メロンといちごはありませんが、北海道を代表する果物の、ハスカップや、コクワ、ブドウ、そしてサクランボをデザインしています。

食べられませんが、松ぼっくりやドングリも、北海道の「実」からは外せないので、ちょっと楽し気な雰囲気になりました。

さて、収穫量は少なくても、平野部では北海道でしか採れないハスカップは、いろいろなお菓子にも使われて最近はすっかり有名になりましたね。

18469129480_578f9dde9a_z

ブルーベリーと似ていますが、もう少し酸味が強くて、栄養満点の果物です。

こちらも食べ放題の「ハスカップ狩り」が6月下旬から7月下旬まで行われていますので、北海道でしか味わえないものを!と言う方にはお勧めですよ。

千歳や苫小牧近郊が有名ですが、最近は十勝などでも栽培されているので、エリアごとに調べて行かれるといいと思います。

ジャムやフルーツソースもいいですが、塩漬けにしてご飯のお供にも美味しいです。

これは、苫小牧出身の私にとってはソウルフードですが、それ以外の地域の方には、ちょっとびっくりされることもあります。

でも美味しいですので、ぜひ、お試しください!

お問い合わせはこちら

 

 

投稿者プロフィール

Akio Shimada

1971年生まれ。北海道苫小牧市出身。日本各地で木工修行の後、スウェーデンで北欧の木工技術を学び、2007年日本人として初めて「スウェーデン家具マイスター」の称号を得ました。高い技術を誇る木象嵌と家具の製作をしています。

お問い合わせ→こちら