先週は、夏休み頂いておりました。

今年も恒例の家族で夏キャンプに行って来ました。

IMG_0895

場所は、函館から車で30分の「戸井ウォーターパーク」というキャンプ場です。(札幌からは約5時間)

3泊4日の、短すぎず、長すぎず、の日程で、のんびり過ごしてきました。

当初は、十勝方面を目指すことにしていました。

夏休みと言っても平日はまだまだどこのキャンプ場も、飛び込みで入場できるハズ・・・・。

予約などはせず行き当たりばったりで旅行するつもりだったのです。

が、今年は天気がパッとせず、出発の前日の天気予報でも大雨警報やら雷注意報などが出ていて、十勝方面に行くことを躊躇してしまいました。

前日夜の天気予報で、道南はずっと晴れていることがわかり、急きょ函館を目指すことにしたのです。

車に長時間いることが、苦痛でたまらないという小学生の二人の息子がどこまで持つか、片道300km、まあ行けるとこまで行ってみて、そんな雰囲気だったので、キャンプ場も函館の観光も、食べるものの下調べなど、なーんにもしないまま出かけてしまいました。

さすがの北海道も、8月に入り、連日30度を越えるようになったため、とにかく暑くて、飲み物を買い足しながらひたすら南下していきました。

高速で行くことも考えましたが、実際は距離は国道で行った方が短く、子供たちがこまめに車から下りて休憩できるよう、ひたすら5号線を走っていきました。

長万部で、遠くに駒ヶ岳が見え始め、あそこのさらに先まで行くんだよ、と言うと、長男が「はあぁぁ」と深いため息です。

IMGP1666

運転してるこっちは誰のためにはるばる遠くまで行くのか、わかって欲しいんだけどなー、と苦笑です。

それでも朝9時30分に出発し、函館の市内に入ったのは15時30分、休憩しながら約6時間のドライブでした。

函館から東方向、湯の川温泉を越えて行った先に2つのキャンプ場があります。

一つが「函館オート」、そしてもう一つは「戸井ウォーターパーク」と言うところ。スクリーンショット 2016-08-09 13.33.04

 

当初、時間も遅くなってきていたので、函館に近い「函館オート」で泊まろうと思ったのですが、受付で聞いてみると近くに温泉やお風呂がなく、湯の川温泉まで走って戻るか、先の「戸井ウォーターパーク」に隣接する温泉に行くか、どちらかだということでした。

こんなに暑くて汗びっしょりで、お風呂に入らないわけには行きません。

とは言え、テントを張って、夕食を食べて、そしてまた15km以上の道のりを、しかも街燈のない漁師町の道を走っていくのもどうかなーと、思ってしまいました。

それならむしろ、最初から温泉が隣接する「戸井ウォーターパーク」に行った方がいいのでは、と話がまとまり、すぐに車を走らせました。

遠くに青森が見える道をひたすら走り、(走っているときは、それが本州であるかどうか、そんなことを考える余裕もなかったですけど)、4時30分、ようやく「戸井ウォーターパーク」にチェックイン!

受付のお姉さんが明るく、とても気持ちの良い接客で、それだけでもこちらに来た甲斐があったな、と思いました。

まるっきりの下調べもなく来たこの「戸井」ですが、実はグルメの人には超有名な場所でした。

何と、「大間のマグロ、戸井のマグロ」、と、あの大間と並ぶくらいマグロで有名な町だったのです。

180_mainph

でも、残念ながらマグロは一本まんま築地などの市場に行ってしまうそうで、地元の人でもほとんど食べられないんだとか。

と、キャンプ場受付迎えのレストハウスの看板に「戸井名産 タコしゃぶ!」とあります。

「タコ?」と思って聞いてみると、なんとマグロ以上に戸井ではタコが有名な特産品なのだそうで(これもグルメ通には有名な話だそうですが)、それをこの森に囲まれたキャンプ場で食べられるとは、ちょっとびっくりしました。

受付の方に聞いてみると、「今日はレストハウスが休みだから、お鍋とかカセットコンロは貸してあげるからテントでしたら?」とのこと。

テントでタコしゃぶ。

これってすごくないですか?

すぐにお願いすることにして、テント設営を済ませ、早速切ってもらったばかりのタコの足を、刺身としゃぶしゃぶで頂きました。

IMG_0914 IMG_0913

美味しい!

さすがに津軽海峡でもまれたタコの味。甘みもコリコリ感も、たまりません!

1人前200gで1200円。

多分、函館の市内の居酒屋や、札幌の居酒屋だとこの倍くらいの値段はするはず。

大人2人、子供2人の我が家では、3人前で注文して、野菜とうどんを別に自分たちで買っていたものを一緒に食べましたが、十分でした。

すっかりこのタコしゃぶの食べられるキャンプ場「戸井ウォーターパーク」にはまってしまい、予定を変更してこのキャンプ場に3連泊してしまいました。

函館近辺でキャンプするなら、ぜひこの「タコしゃぶキャンプ」、おすすめします!!

なお、事前にキャンプ場もタコしゃぶも予約できるそうなので、確実に食べたい時には電話予約した方がいいようです。

「戸井ウォーターパーク」のホームページはこちら

 

投稿者プロフィール

Akio Shimada
Akio Shimada
1971年生まれ。北海道苫小牧市出身。日本各地で木工修行の後、スウェーデンで北欧の木工技術を学び、2007年日本人として初めて「スウェーデン家具マイスター」の称号を得ました。高い技術を誇る木象嵌と家具の製作をしています。

お問い合わせ→こちら

関連記事

  1. 二つのワークショップ、「教える楽しさ」学ばせて頂きました。

    2018.12.19

    二つのワークショップ、「教える楽しさ」学ばせて頂きました。

     先月11月に、江別セラミックアートセンター、札幌芸術の森でそれぞれ木象嵌のワークショップを開催…

    二つのワークショップ、「教える楽しさ」学ばせて頂きました。
  2. 動画で語った、象嵌のこと、スウェーデン留学のこと

    2016.06.1

    動画で語った、象嵌のこと、スウェーデン留学のこと

    昨日は非常勤講師として行っている道都大学で、学生達と授業、休憩時間などでいろいろと話してきました。…

    動画で語った、象嵌のこと、スウェーデン留学のこと
  3. クラシックカーラリー|時を駆け続ける名車たちとは。

    2016.06.28

    クラシックカーラリー|時を駆け続ける名車たちとは。

    今年も7月9日(土)から7月10日(日)の2日間、北海道の青い空のもと、40台のクラシックカーラリー…

    クラシックカーラリー|時を駆け続ける名車たちとは。
  4. プロの道具を考える|「木工家具」は道具が命!

    2016.07.1

    プロの道具を考える|「木工家具」は道具が命!

    先日newsでもお知らせしましたが、北海道のローカル情報雑誌 「HO(ほ)」さんに取材を受け、8月号…

    プロの道具を考える|「木工家具」は道具が命!
  5. 花を飾るように象嵌を飾る

    2016.05.30

    花を飾るように象嵌を飾る

    春から初夏へと移ろっていくこの季節。北海道は待ちきれないようにたくさんの花が次々と咲いていきます。…

    花を飾るように象嵌を飾る
  6. 還暦祝いプレゼント|両親に贈ってはいけない7つのタブーとは

    2016.07.8

    還暦祝いプレゼント|両親に贈ってはいけない7つのタブーとは

    今年の還暦を迎える方は、1956年(昭和31年)生まれの方です。満年齢で60歳、数え年なら6…

    還暦祝いプレゼント|両親に贈ってはいけない7つのタブーとは
  7. マイスターがつくる象嵌家具の製作、公開します ‐その1‐

    2016.05.25

    マイスターがつくる象嵌家具の製作、公開します ‐その1‐

    先日、札幌市内にお住いのH様のお宅に伺い、象嵌家具製作の3度目の打ち合わせをして来ました。昨…

    マイスターがつくる象嵌家具の製作、公開します ‐その1‐
  8. 北海道旅行|持ち物、これだけは持っていくべきベスト5

    2016.07.15

    北海道旅行|持ち物、これだけは持っていくべきベスト5

    この夏休み、北海道旅行を予定されていると言う人も多いのではないでしょうか?季節的に夏…

    北海道旅行|持ち物、これだけは持っていくべきベスト5
  9. ポストカード|花、実、葉  |木象嵌で作ったオリジナル

    2016.06.23

    ポストカード|花、実、葉 |木象嵌で作ったオリジナル

    「ポストカードの在庫、ほとんど無いですよー」そう連絡をくださったのは、札幌の大通りにあるお店…

    ポストカード|花、実、葉 |木象嵌で作ったオリジナル
PAGE TOP