先日、新緑がまぶしい春の富良野へ行ってきた。一番の目的は「春の藝」をコンセプトとした象嵌の納品だ。今回はフラノ寶亭留側からのオファーで、春をイメージするような作品を6点製作し、納品してきた。
この植物をモチーフにした小さめのサイズ(35cm角)の象嵌は、「botanical (植物園)」というシリーズで作っているもので、今後も四季折々の草花を題材に作り続けていきたいと考えている、自分でもお気に入りのシリーズだ。

大きな作品もいいけれど、これくらい手ごろなサイズ感は、一つ一つが小さな世界を作っていてなかなかの存在感があっておもしろいなと思っている。
見る人によって、イメージがいろいろ変るところも、こうした草花の持つ魅力かもしれない。
草花の持つ凛として純粋な美しさを、木の色で表現することの難しさと、楽しさを痛感しながら、ついつい歩く道に咲いている花を見ては「お、次の題材に・・・」と、iphoneを取り出して写真を撮ることが最近はことに増えてしまった。
これからが花の季節の北海道、どれだけの写真がたまってしまうのか、少し怖い気もするが。

秋から始まったフラノ寶亭留での展示会は、雪の降る季節にもたくさんの方にご来場いただいたようで、本当のことを言うと少しびっくりしている。とても嬉しく、また自分にとっても大きな励みになった。
何度も来ていただいた方もいらっしゃるとのことで、今後も新しい作品をご覧いただけるよう製作に努めたいと思っている。

IMG_5732

投稿者プロフィール

Akio Shimada
Akio Shimada
1971年生まれ。北海道苫小牧市出身。日本各地で木工修行の後、スウェーデンで北欧の木工技術を学び、2007年日本人として初めて「スウェーデン家具マイスター」の称号を得ました。高い技術を誇る木象嵌と家具の製作をしています。

お問い合わせ→こちら

関連記事

  1. 象嵌の作り方 ‐ ダーラヘスト ‐

    2016.05.24

    象嵌の作り方 ‐ ダーラヘスト ‐

    今日は私が作っている象嵌の作り方について、ご説明したいと思います。札幌にお住いのN様は、大丸…

    象嵌の作り方 ‐ ダーラヘスト ‐
  2. 開催中の木象嵌の展示会 inフラノ寶亭留

    2017.07.13

    開催中の木象嵌の展示会 inフラノ寶亭留

    昨年の秋から始まっている1年間のロングラン展示会、「Gracing Furano Ⅱ」ですが、前回に…

    開催中の木象嵌の展示会 inフラノ寶亭留
  3. 手作りの時代。|プレゼントは、世界に一つだけのオリジナル

    2016.07.7

    手作りの時代。|プレゼントは、世界に一つだけのオリジナル

    手作りのものが見直されているモノが溢れている今、心から「喜ぶ顔が見たい!」と…

    手作りの時代。|プレゼントは、世界に一つだけのオリジナル
  4. 初夏を味わう、北海道の夏のフルーツ|穴場情報

    2016.06.30

    初夏を味わう、北海道の夏のフルーツ|穴場情報

    毎年、山形のお客様が送ってくださる、さくらんぼの「佐藤錦」。本州を北上してくるフルー…

    初夏を味わう、北海道の夏のフルーツ|穴場情報
  5. マンションに飾るアート、木象嵌のチカラ

    2016.06.7

    マンションに飾るアート、木象嵌のチカラ

    昨日、木象嵌の掛け時計をお届けしてきました。お客様は札幌市内に住む女性の方で、象嵌の時計はメ…

    マンションに飾るアート、木象嵌のチカラ
  6. 2016.06.22

    築15年。「愛着」を「絵 」にして飾る歓びとは・・・

    家を新築したとき、家族みんながワクワクした思いで引っ越したこと、そんな思い出はありますか?…

    築15年。「愛着」を「絵 」にして飾る歓びとは・・・
  7. 富良野で「木象嵌のプロポーズボックス」活躍中!!

    2017.09.22

    富良野で「木象嵌のプロポーズボックス」活躍中!!

    以前から何度かご紹介している木象嵌の木箱。大きさは、幅20cm、奥行き15cm、高さ…

    富良野で「木象嵌のプロポーズボックス」活躍中!!
  8. 旅する象嵌 

    2016.05.23

    旅する象嵌 

    沖縄から荷物が一つ、工房に届きました。中を開けてみると、見覚えのある象嵌細工の入った掛け時計…

    旅する象嵌 
  9. 黒い森美術館で考えたこと

    2015.09.25

    黒い森美術館で考えたこと

    先週黒い森美術館での展示会を無事終えることができました。森の中の小さな美術館。だれもいな…

    黒い森美術館で考えたこと
PAGE TOP