札幌市大通り西18丁目に、美容室「KIITOS」があります。

今日は今展示中の「&Flowers」をご紹介したいと思います。

下の写真はお店が終わったあと、静かな店内を撮らせて頂いた一枚です。

アンティークのテーブルと真っ白い壁、まるでもう一つの世界が向こうにあるかのように美しく磨かれた鏡。

静かな空間に座っていると、ここで髪のスタイリングをしてもらいたくなるくらい本当に素敵なところです。

ここで木象嵌の展示会をすることになったのは、昨年のちょうど今頃のことでした。

いつも象嵌の写真の撮影をお願いしている藤倉翼さんの写真の展示会が、ここKIITOSで開催され、そのオープニングパーティーでオーナーの佐々木さんに紹介されたことがきっかけでした。

「感性と創造性で、お客様に1人1人に似合わせた「オリジナルスタイ ル」を提案し、定番でも差がつく自分だけのスタイルを作ること」

佐々木さんの仕事へのスタイルは、お店の設えはもちろん他のスタッフさんの笑顔にも十分表れていて、「いるだけで感じの良いお店」という印象でした。

そんな佐々木さんは以前からアートにも興味があり、ご自分のコレクションを鏡と鏡の間に飾っていたそうです。

でもある日、自分のコレクションだけではなく、いろいろな作品を見ながらスタイリングすることはできないだろうか?

いつもご来店頂くお客様のために。

そして毎日お店で長い時間を過ごす自分たちのために。

そしてそういった想いから、数年前からアートを手掛ける作家さんにお願いして、お店をアート作品で飾るプロジェクトを企画したそうです。

おそらく、考えてもなかなかできない事だと思うのです。

美容室×アート。

でも、実際に始めてみるととても好評で、何より美容室で働いている自分たちが楽しんでいることがとても新鮮だったそうです。

佐々木さんにお話を伺っていて、「ここで展示してみたいな・・・」と思いました。

ギャラリーやホテル以外では、こうした「ショップ」的なところで木象嵌を展示するのは初めてのことでした。

男性のお客様ももちろんいらっしゃると思いますが、基本的にここは女性が美しくなる場所、そんな気がしていました。

女性の柔らかな印象を、象嵌に落とし込むとしたら・・・。

まずテーマを決めて、そこからイメージを膨らませることにしました。

私の木象嵌は、大きく分けると3つのカテゴリーに作品を分けることが可能と考えています。

まずは「花」や「実」と言った自然の産物。

二つ目は直線、曲線で描く幾何学的な模様。

三つめは「犬」などの動物。

あれこれと展示するものをイメージして、何となく頭の中で作品を描く・・・。

実はこの作業はとても楽しいものです。

なぜなら、想像するだけで、作る作業は必要ありませんから(笑)・・。

そんな想像をしながらテーマを絞っていくのに、他の展示会や仕事の合間を縫っての事でしたので、なかなかまとまらなかったのですが、結局は私の大好きなモチーフでもある、「花」をメインテーマにすることに決めました。

ふんわりとしたカラーのフォルム。

チューリップの茎の曲線。

そんな「ふんわり」「柔らか」と言ったイメージと、スタイリングしてもらっている女性の印象が私の中で重なりました。

下書きを描き始め、使う木の色を決め、そして実際の製作に入ります。

季節も夏から秋に移って行きます。

工房での泊りがけの作業が続きました。

そして、出来上がった作品達はこんな感じでKIITOSさんに展示されました。

アップにするとこんな感じです。

 

「女性らしさをひきだし、『素材美』を輝かせる・・・創り込みすぎず、飾りすぎない、
それでいて『キマッタ』スタイルをプロの経験と知識、技術とセンスを駆使し、実現させます。」

KIITOSのオーナー、佐々木さんの言葉です。

素材の美しさを引き出すこと。

それは私にとっても日々心掛けていることです。

美容室×木象嵌。

まったく違うことに見えて、その底辺では同じエッセンスが流れていること。

それは今回の展示会を通じ、「ものづくり」を考える良い機会の一つとなりました。

展示会は年末、12月28日(木)まで開催されています。

木象嵌を見ながら、新しい年に向けて美しいスタイリングに変わる場所。

KIITOSさんでお待ちしております。

*髪のスタイリングなどをしなくても、展示会だけの閲覧が可能です。
混みあっている場合には、ご配慮をお願いいたします。

投稿者プロフィール

Akio Shimada
Akio Shimada
1971年生まれ。北海道苫小牧市出身。日本各地で木工修行の後、スウェーデンで北欧の木工技術を学び、2007年日本人として初めて「スウェーデン家具マイスター」の称号を得ました。高い技術を誇る木象嵌と家具の製作をしています。

お問い合わせ→こちら

関連記事

  1. スウェーデンを感じる夏至祭へ!|夏至祭まとめ

    2016.06.14

    スウェーデンを感じる夏至祭へ!|夏至祭まとめ

    今週末の2016年6月19日は、第33回となる当別町主催の「夏至祭」が開かれます。毎年来訪者…

    スウェーデンを感じる夏至祭へ!|夏至祭まとめ
  2. スウェーデンに一番近い町|スウェーデンヒルズ まとめ

    2016.06.15

    スウェーデンに一番近い町|スウェーデンヒルズ まとめ

    北海道の石狩郡当別町に、スウェーデンハウスしか建っていない〈丘〉があるのをご存知でしょうか?…

    スウェーデンに一番近い町|スウェーデンヒルズ まとめ
  3. スウェーデンからのお客様 ‐象嵌が繋ぐ人の縁、番外編‐

    2016.05.21

    スウェーデンからのお客様 ‐象嵌が繋ぐ人の縁、番外編‐

    私が工房を構えている当別町は、スウェーデンのレクサンド市と姉妹都市提携をしています。その関係…

    スウェーデンからのお客様 ‐象嵌が繋ぐ人の縁、番外編‐
  4. 「35år」スウェーデンと日本を結ぶ作家・アーティストの展示会

    2018.10.29

    「35år」スウェーデンと日本を結ぶ作家・アーティストの展示会

    「35år」は、トレッティフェム・オールと読み、スウェーデン語で「35周年」を意味しています。今…

    「35år」スウェーデンと日本を結ぶ作家・アーティストの展示会
  5. 開催中の木象嵌の展示会 inフラノ寶亭留

    2017.07.13

    開催中の木象嵌の展示会 inフラノ寶亭留

    昨年の秋から始まっている1年間のロングラン展示会、「Gracing Furano Ⅱ」…

    開催中の木象嵌の展示会 inフラノ寶亭留
  6. 第66回日本伝統工芸展に入選して思う事

    2019.11.18

    第66回日本伝統工芸展に入選して思う事

    この夏、初めて出品したこの木象嵌の箱が「第66回日本伝統工芸展」に入選することができました。そも…

    第66回日本伝統工芸展に入選して思う事
  7. スウェーデン留学|カペラゴーデン入学が決まった夏のこと

    2016.07.12

    スウェーデン留学|カペラゴーデン入学が決まった夏のこと

    ここ北海道の7月の空の青さは、「爽やか」の一語に尽きます。まだ暑過ぎず、蒸し蒸しして…

    スウェーデン留学|カペラゴーデン入学が決まった夏のこと
  8. コロナに負けないモノづくりー木象嵌を続けていく意味ー

    2020.06.30

    コロナに負けないモノづくりー木象嵌を続けていく意味ー

    不安を越えて、没頭できる「今」に感謝する日々第60回 東日本伝統工芸展に入選した小箱、「栃木…

    コロナに負けないモノづくりー木象嵌を続けていく意味ー
  9. スウェーデン語は必要?|旅行?留学?スウェーデンに行くなら。

    2016.07.13

    スウェーデン語は必要?|旅行?留学?スウェーデンに行くなら。

    1997年8月に、スウェーデン南東に位置するエーランド島で、私の留学生活が始まりました。留学…

    スウェーデン語は必要?|旅行?留学?スウェーデンに行くなら。
PAGE TOP