「新居に飾る」象嵌たちが、少し前の季節、ここ当別町から旅立って行きました。
今日はこの四つの象嵌たちのお話しです。

まずはこちらの美容室KIITOSさんで開催した展示会の写真から。

美容室の壁面がギャラリーという、美術好きのオーナーが始めた展示スペースに、この時は美容室に来られるのは女性のお客様が多いという事もあり、「花」をテーマにした作品展をさせて頂きました。

しばらくしてから、この時のブログを読んでくださった方から「この壁面の象嵌のことを詳しく教えて欲しい。」とご連絡を頂きました。
この時のブログはこちら→https://d-s-shimada.com/archives/1895

お問い合わせ下さったのは、落ち着いた感じの男性でした。
それがK様でした。
設計中のK様のご新居に飾りたいとのご希望で、どこに飾られるのかがある程度決まってから、具体的な打ち合わせがメールを使って始まりました。

いくつかの象嵌がピックアップされ、最終的に新しいデザインのもの、すでに制作していた象嵌の中からサイズ違いのものをそれぞれ制作することになりました。

上の写真の中央部、横に伸びた「蓮」の象嵌を特に気に入って頂き、この2枚を大きな1枚に仕立てることになりました。

実はこの横長の「蓮-horizontal-」は自分でもアレンジをいくつか考えていました。
でも実際、頭にはあるのに作る時間がなかなか取れなくて、そのままになっている作品のひとつでした。

今回ご注文いただけたことで、アレンジを作れる!と思うと、頭の中にくるくると「画」が思い浮かんできます。
なんだか屏風にしてもいい感じかも・・・なんて思いながら、葉、花、つぼみのバランスを見て入れ替えたり書き足したり・・・。

もやもやと考えていたものをこうしてアウトプットしてどんどん書いていくと、頭で考えていたのとは違うことがたくさん出てきます。
これは毎回のことですが、手を動かして、書いてみて、そして初めて分かることの数々を、ひとつひとつ納得いくまで修正しているうちに「絵」が「画(え)」になっていくような気がします。

「絵画」とは単純な意味のものではないと改めて思います。

その昔、正倉院に初めての「木象嵌」が収められた時には「木画(もくが)」と呼ばれていたそうです。

木という素材を使って「画」を描くこと。
木工でありながらそれは「木材加工」ではなく、「木材工藝」であること。
ここしばらく、そんなことが手を動かしながらふと頭をよぎるようになりました。

作るだけではなく、その先に見えるモノの在り方に、少し近づいた気がしています。

さて、制作は順調に進みました。
下絵デザインと並行して、サイズ違いのものはサイズに合うように下絵をリデザインし、K様に確認していただいてから象嵌作業をはじめます。

春と夏の花々。

「朝顔」と「サツキ」は出窓の左右の壁にそれぞれ向かい合って飾られるとの事でした。

「カラー」と「蓮」はそれぞれリビングや居室へ・・・。

新しいお住まいに、新しい私の象嵌たちをお迎えいただく。
それはやはりとても嬉しいことです。

さて、「蓮」のデザインも絞った二案から「これ!」というものをお決め頂き、象嵌作業が始まりました。
材料も、水の動きが感じられるように事前に組み合わせも考えます。
これは楽しい作業であると同時に、結構苦労するところです。
こつこつと象嵌作業中・・。
できました。
塗装前です。

朝顔の紫色は「パープルハート」という木ですが、紫色の鮮やかさが塗装前でも引き立っています。
自分でも嬉しい瞬間です。

塗装して、・・・、乾かして・・・。

フレームを作って、作業は終了です。
送る前に写真を撮らせて頂き、しっかり梱包して、そして旅立ちを見送りました。

奈良という古(いにしえ)の街で、この象嵌たちがずっと愛してもらえるように、心から願うばかりです。

投稿者プロフィール

Akio Shimada
Akio Shimada
1971年生まれ。北海道苫小牧市出身。日本各地で木工修行の後、スウェーデンで北欧の木工技術を学び、2007年日本人として初めて「スウェーデン家具マイスター」の称号を得ました。高い技術を誇る木象嵌と家具の製作をしています。

お問い合わせ→こちら

関連記事

  1. お茶会初参加! 初めての「木象嵌入り風炉先屏風」デビューです!

    2017.04.21

    お茶会初参加! 初めての「木象嵌入り風炉先屏風」デビューです!

    ここは東京上野の東京国立博物館にある、転合庵です。ここで、「春功…

    お茶会初参加! 初めての「木象嵌入り風炉先屏風」デビューです!
  2. 開催中の木象嵌の展示会 inフラノ寶亭留

    2017.07.13

    開催中の木象嵌の展示会 inフラノ寶亭留

    昨年の秋から始まっている1年間のロングラン展示会、「Gracing Furano Ⅱ」…

    開催中の木象嵌の展示会 inフラノ寶亭留
  3. マンションに飾るアート、木象嵌のチカラ

    2016.06.7

    マンションに飾るアート、木象嵌のチカラ

    昨日、木象嵌の掛け時計をお届けしてきました。お客様は札幌市内に住む女性の方で、象嵌の時計はメ…

    マンションに飾るアート、木象嵌のチカラ
  4. 第66回日本伝統工芸展に入選して思う事

    2019.11.18

    第66回日本伝統工芸展に入選して思う事

    この夏、初めて出品したこの木象嵌の箱が「第66回日本伝統工芸展」に入選することができました。そも…

    第66回日本伝統工芸展に入選して思う事
  5. 旅する象嵌 

    2016.05.23

    旅する象嵌 

    沖縄から荷物が一つ、工房に届きました。中を開けてみると、見覚えのある象嵌細工の入った掛け時計…

    旅する象嵌 
  6. 京都 藝文京展で象嵌が入賞しました!

    2016.05.19

    京都 藝文京展で象嵌が入賞しました!

    少し前のことになってしまいましたが、京都で開催された「藝文京展」という公募展で私の象嵌が入賞(NHK…

    京都 藝文京展で象嵌が入賞しました!
  7. 「蓮」製作のその後と展示会風景

    2015.08.26

    「蓮」製作のその後と展示会風景

    すっかりブログの更新ができないまま1ヶ月以上経ってしまいました。申し訳ありません。木象嵌「蓮」の…

    「蓮」製作のその後と展示会風景
  8. 2016.06.22

    築15年。「愛着」を「絵 」にして飾る歓びとは・・・

    家を新築したとき、家族みんながワクワクした思いで引っ越したこと、そんな思い出はありますか?…

    築15年。「愛着」を「絵 」にして飾る歓びとは・・・
  9. 象嵌が紡ぐ家族の絆 「喜寿」のお祝いに寄せて

    2016.04.20

    象嵌が紡ぐ家族の絆 「喜寿」のお祝いに寄せて

    昨年の暮れ、千葉県にお住まいのAさんより木象嵌へのお問合せを頂きました。昨年の夏に北海道をご…

    象嵌が紡ぐ家族の絆 「喜寿」のお祝いに寄せて
PAGE TOP