見ているうちに好きになる、ふしぎな妖怪「アマビエ」さま。

緊急事態宣言を受けて工房も閉館させてもらっていた4月と5月。
ようやく6月に入って開館しましたが、来館される方もまばらで、もともと来館者で密になるような工房では無いのですが(笑)、すこし寂しい毎日はこの秋に入っても続いています。

そんな中、頂いていたご注文の象嵌やコンペ用の象嵌作りにいそしんでいましたが、ふとこの「アマビエ」さまを作ってみようかなと思いたち、一日の作業が終わった後、何日かかけて作ってみました。

テレビやネットでも話題になり、御存知の方も多いと思いますが、簡単にアマビエさまを説明しますと、

アマビエさまは、長い髪にくちばし、うろこを持ち3本足をした半人半魚の妖怪で、江戸時代に肥後(熊本県)の海に現れ、「病気が流行したら自分の姿を描いて人々に見せよ」と告げて海中に消えたとされてます。コロナウィルス感染の沈静化を願って注目を浴び、マスコット人形を作ったり、絵を描いたり、多くの人がSNSなどで自分の作品を紹介して一躍流人気者になりました。厚生労働省の感染予防啓発サイトのアイコンとしても活用されています。

江戸時代の瓦版に描かれた「アマビエ」(京都大学附属図書館所蔵)

これは、江戸時代の瓦版で紹介されたアマビエさまの絵

なんとも不思議な妖怪の話ですが、日本らしい、なんともユーモラスな格好が、テレビなどで何度も見ているうちに愛らしくさえ見えてきてしまいました。

思い返せば想像上の生き物(?)を象嵌で作ってみたのは初めてのことでした。
作っていると、何となく「自分もコロナウィルスと闘っているぞ!」という気分になってきて、この象嵌でコロナを退治できるわけではないのに、世の中の人々と同じ気持ちになっているような不思議な感じがして、ちょっと楽しくもありました。

不安の中にいると人は疑心暗鬼になったり攻撃的になったり、自分を守る本能とはいえ、少し悲しい気持ちになります。

色々な人が「同じテーマ」でモノづくりをすると、実際に作っているのは自分一人の作業なのに、作っている人みんなが「仲間」のような一体感があることを知り、私と同じように温かさを感じているのではないかと考えないではいられませんでした。

それは、ささやかなことかもしれませんが、こんな状況の今、とても大切なことのように感じます。

妖怪は日本のオリジナルかもしれませんが、何か世界規模でこんな「同じテーマ」のモノづくりをするともっと楽しいんじゃないか、たくさんの人とこんな気持ちを分かち合えるんじゃないか、そんなことを考えていると少し幸せを感じます。
同じように感じて行動する人が増えてきて、それが大きな輪になったら本当にいいなと思います。

変わってしまったこと、そして変わらない事。
自分の作品に「変わらない」想いを込める大切さを今日も心にとどめ、制作に励もうと思います。

自分の作ったものが誰かの心を温める存在になったり、不安や孤独を和らげることができるとしたらこんな素晴らしいことはありません。
コロナ禍の中で出来上がった作品をお届けできた方が何人かいらっしゃいましたが、その中のお一人に「心が明るくなった」と喜んで頂けた事を本当に嬉しく思い、私の象嵌にもまだまだお役に立てることがあると感じています。

投稿者プロフィール

Akio Shimada
Akio Shimada
1971年生まれ。北海道苫小牧市出身。日本各地で木工修行の後、スウェーデンで北欧の木工技術を学び、2007年日本人として初めて「スウェーデン家具マイスター」の称号を得ました。高い技術を誇る木象嵌と家具の製作をしています。

お問い合わせ→こちら

関連記事

  1. 還暦祝いプレゼント|両親に贈ってはいけない7つのタブーとは

    2016.07.8

    還暦祝いプレゼント|両親に贈ってはいけない7つのタブーとは

    今年の還暦を迎える方は、1956年(昭和31年)生まれの方です。満年齢で60歳、数え年なら6…

    還暦祝いプレゼント|両親に贈ってはいけない7つのタブーとは
  2. モエレ沼公園で、子供たちのワークショップして来ました!

    2017.10.26

    モエレ沼公園で、子供たちのワークショップして来ました!

    前衛的なこの作品。木目を上手に使って、なにやら秋の気配に動物たちが可愛らしいこの作品は、…

    モエレ沼公園で、子供たちのワークショップして来ました!
  3. 六花亭のお菓子箱に入るアート 六花ファイル

    2016.03.18

    六花亭のお菓子箱に入るアート 六花ファイル

    六花亭は北海道を代表するお菓子屋さんであり、北海道にお住いの方なら誰でも知っているのではないでしょう…

    六花亭のお菓子箱に入るアート 六花ファイル
  4. 開催中の木象嵌の展示会 inフラノ寶亭留

    2017.07.13

    開催中の木象嵌の展示会 inフラノ寶亭留

    昨年の秋から始まっている1年間のロングラン展示会、「Gracing Furano Ⅱ」ですが、前回に…

    開催中の木象嵌の展示会 inフラノ寶亭留
  5. 新年ご挨拶

    2015.01.13

    新年ご挨拶

    遅ればせながら、本年もよろしくお願い申し上げます。写真の通り、今年も風雪の強い日が多…

    新年ご挨拶
  6. キャンドルナイト|デザインスタジオシマダ|木のロウソク立て

    2016.06.16

    キャンドルナイト|デザインスタジオシマダ|木のロウソク立て

    「でんきを消して、スローな夜を。」100万人の人に呼びかけたこのプロジェクトは「100万人の…

    キャンドルナイト|デザインスタジオシマダ|木のロウソク立て
  7. 13年目に完成した、「テーブル」の話

    2018.06.14

    13年目に完成した、「テーブル」の話

    「島田さん、私がお願いした全てを叶えて下さって本当にありがとうございました(╹◡╹)残りの人生を…

    13年目に完成した、「テーブル」の話
  8. 玄関にアート、素敵をプラス

    2016.06.6

    玄関にアート、素敵をプラス

    6月はインテリアを変えたくなる人が多い月って、ご存知ですか?今日は特に「家の顔」である玄関に…

    玄関にアート、素敵をプラス
  9. 旅する象嵌 

    2016.05.23

    旅する象嵌 

    沖縄から荷物が一つ、工房に届きました。中を開けてみると、見覚えのある象嵌細工の入った掛け時計…

    旅する象嵌 
PAGE TOP