お知らせ
初入賞叶う!!東日本伝統工芸展で入賞して想う事

この度、第61回東日本伝統工芸展に於きまして、「朝日新聞社賞」を頂きました。伝統工芸展に挑戦して4年目での入賞に、心から嬉しく、またご指導いただいたすべての方々に心からの感謝を申し上げたいと存じます。 今回は工芸展の事務 […]

続きを読む
スウェーデンの話
札幌大谷大学で、象嵌のこと、木工のこと、講演してきました。

先日、札幌大谷大学でゲストスピーカーとして講演をさせて頂く機会を頂きました。 大学で学生の皆さんを前にして講演するというのは私の人生で初めてのことでした。このコロナ禍なので、オンラインでの講演でしたが、もちろんオンライン […]

続きを読む
象嵌作品 自然
木象嵌の作り方 ルピナス編

先日初めてyoutubeで木象嵌を作っているところをアップしてみました。 初めてのことだらけで、お見苦しい点もあるかと思いますが、一度ご覧頂けましたら幸いです。 こんな風に最初から最後まで作業を撮影して、自分で見返してみ […]

続きを読む
制作風景
もう一度、二匹で微笑む時間

キキとシェリーが寄り添う一枚 東京にお住いのH様が送ってくださった一枚の写真、愛犬キキちゃんとH様、そして今回制作させて頂いた木象嵌「キキとシェリー」です。 H様から象嵌のお問合せを頂いたのは、2020年3月でした。ちょ […]

続きを読む
制作風景
コロナに負けない象嵌 ーアマビエさまー

    見ているうちに好きになる、ふしぎな妖怪「アマビエ」さま。 緊急事態宣言を受けて工房も閉館させてもらっていた4月と5月。ようやく6月に入って開館しましたが、来館される方もまばらで、もともと来館者で密になるような工房 […]

続きを読む
スウェーデンの話
コロナに負けないモノづくりー木象嵌を続けていく意味ー

不安を越えて、没頭できる「今」に感謝する日々 第60回 東日本伝統工芸展に入選した小箱、「栃木画飾り箱 」(とち もくが かざりばこ)です。 新型コロナウィルスの感染拡大で、多くの方々が不安や困惑ととともに過ごしていらっ […]

続きを読む
制作風景
ソーイングボックス、ナラ材でお作りしました。

「ソーイングボックスを作って欲しいのですが、注文することは可能ですか?」 工房を訪ねて来られた女性からのお願いは、「永く使えて、丈夫で、使いやすい」ソーイングボックスを作る事でした。 実はこの女性、私が高校生の頃、札幌市 […]

続きを読む
日々のこと
お便りに励まされるという「幸せ」

今日は、先日頂いたとてもありがたいお手紙をご紹介したいと思います。 読んでいるうち、お会いしたことのないはずのこの方に、私は思い切り背中をたたかれて「がんばりなさいよ!」と激励されている気持になりました。 まるで背中をた […]

続きを読む
日々のこと
子年の象嵌、謹賀新年。

令和二年、初めてのブログです。 皆さま本年もよろしくお願い申し上げます。 子年の始まり、皆様はどのようにお過ごしになったでしょうか。 毎年作っている十二支の象嵌、今年はこんな「子」を作ってみました。 私事ですが、今年のお […]

続きを読む
スウェーデンの話
第66回日本伝統工芸展に入選して思う事

この夏、初めて出品したこの木象嵌の箱が「第66回日本伝統工芸展」に入選することができました。 そもそも「日本伝統工芸展」とはどんなものなのでしょうか? 工芸展を主催する、日本工芸会のホームページでは、 『日本伝統工芸展は […]

続きを読む